天草市立一町田小学校勤務 杉本 真梨子さん(平成19年度卒)


杉本 真梨子さん
 「先生!」初任の一年間を終え、そう呼ばれるのにようやく慣れてきました。私は、平成19年度教育学研究科障害児教育専修を卒業し、現在、天草市立一町田小学校で四年生の担任をしています。とても忙しい毎日ですが、素直でまっすぐな子どもたちと過ごす毎日は、本当に驚きや感動が多く充実しています。小学校の時描いていた夢が叶ったのだと思うと、今こうして子どもたちと向かい合える日々に幸せを感じます。現場で知る小学校教員としての専門性や実践的な指導力といった、大学時代とまた違う新たな学びに毎日面白さを感じています。分からないこと、乗り越えることが困難に思えることも多くありますが、それに面白さを感じられるのは、学ぶことの面白さを教えてくれた熊本大学で過ごした日々があるからだと思います。熱心に指導していただいた学科の先生方や侃々諤々と朝まで語り合った同じ研究室の仲間、先輩や後輩と共に学んだ毎日は、私の大きな財産となっています。みなさんも、信頼できる先生方、仲間と多く出会い、好きなことや夢を見つけ、充実した日々を過ごされますよう応援しています。